不人気車種のセダンは廃車買取利用

不人気車種のセダンは廃車買取利用がおすすめ

多くの方の場合、乗っている車を買い替えたり売ってしまうことを考えている場合には、選択肢として、もしくはそれ以外にない方法として中古車として売却することを挙げるのではないでしょうか。実際、新車で購入してから3年程度のような比較的高年式のモデルであれば中古車市場での価格も高いため、それがベストな方法と言えることも多いでしょう。しかしながら、中古車買取業者に売るよりも他の方法の方がお得になりうるケースもあり、それが以下のようなケースです。

まず、中古車として高い額で売却が成功するためには、中古車販売業者がその車種の車を高い額で販売できる場合であることが大前提となります。それは、その車が人気車種である場合や、高年式で人気のオプションが付けられている場合などが挙げられます。これは、逆の意味でとらえると、それ以外の車であれば中古車として売却するときの査定額は低い額となってしまうケースがあるということです。もちろん、中古車買取業者は多くありますので、多くの業者に査定を依頼して高い額の提示を待つという選択肢もありますが、そもそも低年式の車であれば販売額の相場からみても査定額がほとんどゼロに近い場合も多くあるのです。特に、比較的安い額で購入できるからということで中古車を購入した方の場合、その車を今度は中古車買取業者に売却する場合、査定額はほとんど期待できないケースが多いでしょう。

上記のような場合は、特に中古車市場で年式によって値段の下落率の大きいセダンタイプにおいて顕著といえます。セダンタイプは、一部の人気車種を除いてしまうと現行モデルであれば中古車価格が維持されているものの、モデルチェンジごとに乗り換えるオーナーも多く、また、近年のSUVやミニバン人気に押されて低年式のモデルは中古車販売価格が非常に安くなってしまいがちです。したがって、中古車として売却しても金額については期待が薄く、むしろ廃車手続をしたほうが良い場合もあります。廃車という言葉だけを聞くと、逆にお金がかかってしまいそうにも思えますが、実際には中古車としてほぼゼロ円で売却するよりも高い額で売却できるケースもあります。廃車買取業者は、廃車にした車を部品取り等に利用しますので、廃車にした車の元の価格が高い場合は特に部品取り用として販売することでむしろ中古車として売るときよりも全体としてみると高く販売できるケースがあるためです。”