オープンカーは車種によって廃車買取がベター

オープンカーは車種によって廃車買取がベター

オープンカーは、その趣味性の強さからもわかるように、オーナーの方が非常に大事にその車に乗られているケースが多くありますが、実用性の低さなどの点から、車を手放さなければならないようなケースも生じてしまうことがあります。例えば結婚により家族が増えたケースなどは、日常の買い物等を全てこなうのは困難でしょうから、セダンやミニバンタイプなどへの乗り換えを検討されることでしょう。しかし、そのときに問題となるのがオープンカーは販売されている価格に比べて、中古車市場での買取価格が非常に安い傾向にあるということです。

これには、趣味性の強いモデルであることが一番大きな理由として挙げられます。すなわち、オープンカーを購入される方の場合、実用性などのトータルを考慮して購入するよりも、その車種であるから購入したいという明確な思いを持っている場合が多く、価格は他のモデルほど見比べるケースが多くありません。加えて、購入を考える方の人数が他の車のタイプと比べて非常に少ないことから、中古車市場においては流動性が低く、一方で欲しいと思う方の場合はある程度高めの値段設定であっても購入するケースが多いため、強気の値段設定がされている場合が多いのです。したがって、販売価格が高めだからといって下取り時の査定額は必ずしも高めの額が期待できるというわけではありません。むしろ、比較的安めの額が提示されるケースも多くあります。

そのようなオープンカーの売却時の状況を考えると、流動性の比較的高い、高年式であり人気の車種は別として、長年愛情を注ぎながら乗ってきた場合は提示額の低さから残念な気持ちになってしまうことも多く考えられます。しかし、他にも高く売る方法があります。それは、廃車買取業者に売却するという方法です。廃車買取という言葉だけをきいてしまうと、長年乗ってきた車が廃車にされ、スクラップとして壊されてしまうイメージが頭に浮かび抵抗感を受ける方も多いでしょうが、廃車は必ずしもスクラップとなるわけではありません。オープンカーのような生産台数の少ない車の場合、特に低年式のモデルであるほど、オーナーの方はむしろ愛情を注いでいるわけですが、車種によってはパーツの交換で頭を抱えるケースも多くあります。これは、販売終了により部品確保が難しくなっているためです。そのような方への販売目的で廃車買取業者が部品取り用として車の買取を行うことがあり、場合によっては中古車業者に売るよりもずっと高い額で売却できるケースもあるのです。”